大人の出会いが期待できると噂のアプリ「Tinder」を実際に使ってみた!

「Tinder」最近雑誌広告やネット広告でも目にする機会が増えてきました。
アイコンや雰囲気からは決していやらしい雰囲気が無く、どちらかというと真面目な出会いを匂わすデザインになっています。
Tinderとの出会いは1ヶ月前。酒の席で、友人がこのアプリを使用して良い体験をしていることを暴露したことがきっかけです。その友人は、35歳独身、結婚願望が無く、今もただただ身体の関係だけを貪欲に追い求めるベテランの変態です。
彼自身、新しい出会い系サイトやアプリが登場したらとりあえず使ってみるというくらい、その手のサイトに関してはもはやプロと言っても過言ではないくらいサイトを調べ尽くしている人物です。その彼が、この1か月で一番出会えたサイト(アプリ)として紹介してくれたのがTinderです。
Tinderの良い点は、効率良く出会うための内課金制度もありますが、基本的には無料で現在地近くの人を検索できる点です。
先に書いた通り、基本的なコンセプトは「真面目な出会い」であることから、プロフィールは比較的に真面目に、且つ少し欲求不満を匂わせる程度で作成した方が良いとのことで、彼の指示に従った少し堅めのプロフィールを編集しました。
写真も複数枚掲示できることから、できるだけ雰囲気の良い写真を3枚掲示して初めの一歩を踏み出しました。

苦痛ではない!暇つぶしの時間を利用して根気よく毎日女性をチェックすることが出会いへの近道!

Tinderは、現在地から半径を指定して、登録女性を検索するシステムです。
設定範囲は2キロから160キロまで指定できますが、気に入った女性にチェックを入れる検索数に限りがあるため、首都圏では5キロ未満、地方では現実的に会いに行ける距離に設定することをおすすめします。
範囲を指定すると、範囲内の女性の写真とプロフが無作為に出てきます。それを右にスライドして「LIKE」、左にスライドして「NOPE」を選択します。このLIKE数に限りがあるのです。
早速使ってみると、他の出会い系サイトとは違い、いかにも素人!といった感じの女性しか出てきません。いわゆる業者やサクラという雰囲気が全くないのです。
しかし、LIKEに制限があるからな・・・とじっくりと見定めていると、ただただ時間だけが過ぎていきます。Tinderの良いところは、無料でも120人分のLIKEができること!さらに、12時間経つとまた利用LIKEが復活すること!
自分の好みをじっくりと120人も選んでいると、本当に時間だけが過ぎていきます。
そこで!出てきた女性をインスピレーションでLIKEとNOPEに分ける「作業」としての割り切った使い方が何よりも出会いへの近道です。
私はとりあえず1ヶ月、ひたすらLIKEをやり続けました。

1ヶ月するとさすがに成果が!40歳男性でも予想以上のマッチングと出会いに驚き!

男性と同じように女性も使い方は一緒のようで、自分がLIKEした女性が自分にLIKEした場合、「マッチング」といって通知がきます。そこで初めてメッセージのやり取りができるようになるのです。
1ヶ月LIKEをし続けた結果、私自身複数の女性とマッチングしました。しかし、若干作業として女性にLIKEをしてきたので、中にはこんな人選んだかな?という残念な女性もおります。その際は無視すれば良いだけです。
私が実際にきちんとメッセージのやり取りを始めたのは、5人でした。この人数が、有料の出会い系サイトと比較して、多いか少ないかはその人の捉え方だと思いますが、暇つぶしで女性観察して、無料で出会えるならそれにこしたことないと強く思っています。
この中で実際にお会いしたのは3人。その中の1人との出会い体験をお伝えします。
この女性は、練馬在住の30歳バツイチ女性。見た目は本当に清楚で、「え!こんな人もこういうアプリ使うの!」という驚くような美人さん。私は40歳ですし、年齢的にも見た目にも十分ストライクゾーンです。
その女性は、真面目な出会いを求めるかのプロフィール内容でしたが、メッセージを積み重ねていると、やはり欲求不満という言葉でアピールしてきました。仕事に加え、家事、育児に疲れ切っていた印象で、声を聞きたいと言ってきました。
ある程度メッセージを重ね、信用できる人だと感じたので、メッセージ内で電話番号を交換し、真面目に悩みを聞きました。若干酒灼けしたような少し低めのハスキーな声で、声からもシングルマザーという印象が伺えます。
悩みを自分に話しスッキリした彼女に、少しエッチなジャブを打ちます。「ねえ、我慢できないときは一人でもするの?」すると彼女は、「もちろんしますよ。てか毎日しちゃいます。」と、心を許した自分にエッチは返答をしてくれました。その一言で、自分の肉ぼうはすでにマックスです。そこからは、まるで一緒にいるかのような擬似テレセで、一緒に最後までしちゃいました。しかも、2回も。

出会い系サイトでのねらい目はズバリ、人妻!【光季外人出会い社会人サークル趣味】

 

テレセ相手となった女性と初めて会ってする実際のエッチが生々しくて興奮度がすごい!

それからというもの、家族が寝静まった後に、毎日テレセをするようになり、毎日ように「会いたいね」と言って電話を切るようになりました。
初めての電話から約1ヶ月後、偶然にも仕事で彼女の家の近くに行く予定ができ、彼女の指示で、近くのビジホを予約しました。
仕事の終わりが早かったのですが、彼女がシンママということもあり、子供を寝かせた22時に宿泊先のビジホで待ち合わせをしました。
とはいえ、写真しか見ておらず、全く違う人が来たらどうしようという不安は消えませんでした。
「コンコン」というドアをノックする音が聞こえ、ゆっくりとドアを開けると、写真通りの清楚な女性が立っていました。この時に初めて、出会い系サイトと違い、Tinderを使ったことの素晴らしさを実感したように感じます。
お互い軽く乾杯し、普通の会話をしたのはものの5分。毎日のようにテレセをしていたこともあり、すぐにそういった雰囲気になりました。
家が近いこともあり、最初から脱ぎやすいワンピースにノーブラ。最初からそのつもりだったのがあからさまに分かります。
お互いのエッチのやり方が分かるから、すでにエロ度はマックス。ちょっと触れただけでびしょびしょになる彼女。ゆっくりスローなエッチというより、今まで我慢していたものをお互いが求め合うように、彼女は自分のいきり立った肉棒を欲しがってきました。
テレセを繰り返すことで、ここまで生のエッチが盛り上がれるのかと感動すら覚えましたし、Tinderという一見真面目なアプリの無料という枠の破壊力を知らさせました。
「確実」に、「素人」と、という出会いを求めている方には、ぜひこのアプリをおすすめします。

アプリだからこそ出きる恋はとっても楽しい。

私は特に結婚願望がない独身女性です。しかし常に恋愛はしていたと思っているので、普段から合コンや紹介や時にナンパにも応じたりして、男性との縁はかかさないようしています。

しかし、ここ2年前からはアプリを通じで男性との出会いを求めています。
アプリから知り合う男性とは、何だか普段の私とは別人と違って、大胆になれる自分がいるのです。普通に紹介や合コンで知り合う男性とは、何だか自分を作ってしまうのですが、アプリで出会った人は素の自分というのか?大胆な自分でいられるので、普段よりセクシーな私になれるのです。

そんな風にして出会い系のアプリをよく使うようになりましたは、先日とっても良い方と知り合ったのです。
良い方というのは、具体的に体型が好みで話も面白くて、何と言っても体の相性が凄くあったと思います。

彼とはあるアプリの掲示板で知り合いましたが、なんと知り合ったその日にリアルにデートをしたのです。私は個人的にアプリで知り合う人とは基本的にその日に会いたいと思うタイプなのです。すぐに会えるからアプリの良いところと言うか、手っ取り早いから好きなのです。

その男性は私の「今日暇にしてます。デート出きる男性募集」と言う内容で地域を書いたら、検索からたどり着いた男性とデートしました。
基本的にスピーディーにDM交換からメールやライン交換をしてくれる人が希望なのですが、その時はスムーズにライン交換できたので、これはこのまま会えるかも?と思っていると、あちらも今日は1日フリーだというので、すぐに会う流れに流になりました。

私の自宅の最寄の駅まで来てくれると言うので、2時間後に待ち合わせをしました。
夕方の時間でしたので、私の行き付けの居酒屋で飲みました。
飲んでいる時から雰囲気が良くて、この後もありかな?と感じました。

段々とお酒も進み、彼の方からこのあとは静かな場所でと言うので、その後は彼に従いました。彼は36歳の既婚者でしたが、奥さんとは冷めていて、普段から出会い系で遊んでいると言うので、慣れている感じもちょっとテンションが上りました。

その後は終電コースで楽しみましたが、本当に何だか凄く全てが合いました。本当はまた会いたいと思いましたが、そこは出会い系アプリなので、1日限りの関係で終わりにしました。

また、彼の様な身体も話も合う男性と出会う為にアプリを使い続けようと思っています。
東京都 女性 美容部員 33歳

 

 

出会い系サイトでのねらい目はズバリ、人妻!【光季外人出会い社会人サークル趣味】

好みの人妻さん、発見。ファーストコンタクトは・・・。

私、既婚のアラフォー会社員でありますが、10年ほど前から始めた出会い系サイトでの人妻ハントがやめられず、定期的においしい思いをしています。悪質な出会い系には騙されてはいけませんよ。
もちろん、時にはおいしくない思いもしているのですが、たまに大当たりともいえる人妻さんと出会ってあんなことやこんなことができてしまうと、やっぱりやめられないのです。あ、なぜ人妻限定かっていうと、お互い家庭を壊さないように後腐れなく一夜を過ごせるためです。泥沼の不倫に発展したりするのは絶対に避けたいので。

3か月ほど前にも良い出会いがありましたのでお話しさせてください。
基本的に、性欲があるなしにかかわらず、サイトで良さげな人妻さんを探すのが日課になっている私。その日も何の気なしに通勤電車内で好みのタイプの人妻さんの検索。
あ、ちなみに私の好みは20代後半から30代後半までの巨乳の人妻さんです。お子さんがいても構いませんが、子供がいる人妻さんは育児でそれどころじゃない場合が多いですね。

検索の結果、サイトに登録したばかりという30代前半の人妻さんが私の目に留まりました。ややぽちゃですがFカップというプロフィールに朝から下半身がむずむずしてしまい、まずはメール。最初のメール、いったいどんなことを書けばよいのか、自分自身いまだに答えは出ていませんが、最初はだいたい「はじめまして、既婚の会社員です。〇〇さんと同じく既婚ですが、ちょっと刺激が欲しくてこのサイトに登録しています。メールからで良いので気軽に話せたらと思っています。」みたいなことを送信しています。Fカップ人妻・圭子(仮名)にもそんな当たり障りのないメールを送りました。

最初の手ごたえはいまいち・・・、からの急展開。

圭子からの返信はその日の夕方。「私で良ければ、よろしくお願いします。」という旨のメールでした。その日の夜から、メールのやり取り開始。といっても、それほどやり取りは頻繁ではなく、夜にお互い3、4通ずつくらいでしょうか。正直、メールの内容も当たり障りなく、今後発展する手ごたえはありませんでしたが、圭子からの返信がある以上はこちらからも返していました。仕事疲れた、とか風邪気味だ、とか他愛もないメールでしたね。こちらからも立ち入った話は切り込みませんでした。焦って男女の話とかエッチな方向にもっていこうとすると、良い結果にならないのは経験上知っていましたので。

一週間経ったくらいでしょうか。圭子からLINEでやりとりしようと提案がありました。言うまでもなく大きな進展です。通信手段の変更、これも極力自分から言わずに女性からの提案を待つというのが私のスタイルですが、このタイミングで向こうから言ってきたのは意外でした。もっと聞いてほしい話があるから、サイト内でのやり取りは面倒になったみたいです。

そこから会う約束まではトントン拍子でした。LINEでは圭子の旦那さんに対する愚痴を聞いてやり、圭子に気に入られるような返しを自分なりにした結果、向こうから今度飲みに行きたい、と切り出してきました。

会ってみてびっくり。大当たりだった・・・

最初にメールをしてから3週間。ついに対面です。焼き肉屋で食事ということで先に店に入って待っている私。ちなみに事前に写メの交換をしているので、心臓が破裂するくらいドキドキして、ということはなかったのですが、初めて会うのはいつだって緊張してしまいます。でも、このドキドキ感が醍醐味でもあります。
時間より3分ほど遅れて、圭子が登場。写メより全然かわいらしく見えます。有名人に例えると、卓球の福原愛ちゃんに似た、年齢よりずっと幼く見えるキュートな人妻です。なにより、期待どおりの巨乳。意識して強調しているかのようなぴったりしたニットを着用しています。このあと、上手に事を運べばヤれるのか・・・と期待感よりこのチャンスを逃してはいけないというある種の緊張感が走りました。

そうは言っても、お酒が入ればそんな緊張感もどこへやら。初めて会った割にはお互い饒舌になり打ち解けあうことができました。話した内容はあまり覚えていないのですが、その程度の他愛のない話しかしていなかったと思います。

1時間ほどで切り上げ二次会はカラオケに。二人とも歌うのが好きでただひたすら歌っていましたね。サイトで知り合った女性との初デートでこんなに気を使わないのは初めてです。今日は間違いない、と確信した私はトイレに行くふりをして近くのラブホを予約。ついでに酔っぱらって勃たなくなるといけませんので、忍ばせていた精力剤を服用しました。

欲求不満の人妻。濃厚な情事を堪能。

カラオケを出た後は無言でぴったりくっついてくる圭子。精力剤が効いてきたのかそれだけですでに元気いっぱいのムスコさん。特に話すこともせず、5分ほど歩いてホテルへ。「ここで良い?」と聞くと「うん」と短い返事。完璧に事が運んだ達成感に身を打ち震わせて、予約していたそこそこの高級な部屋へIN。

ソファーに座るなりどちらからともなくお互いの唇をまさぐりあいます。私は圭子の胸を、圭子は私の下腹部へ手を滑らせ、愛撫しあいます。「歩いている時から勃起してたの知ってるんだよ・・・」圭子は意地悪に耳元でささやきます。この時点で私のM心に火が付き、セックスが半年ぶりという欲求不満も限界に達した圭子にいいように責められます。

ひとしきりソファーで弄りあったあと、全裸になってシャワーを浴びます。もちろん私のそれは怒張したまま。いとおしそうに圭子はそれを丹念に洗ったりしゃぶったり、自分の性器にこすり付けたり・・・。あんなにかわいらしかった圭子は性に飢えた淫獣と化しています。

浴場から上がり、圭子はベッドの上で私を文字通り好きなように責めます。ひとしきり私の性感帯をすべて責めた後、おもむろに顔にまたがる圭子。唐突な顔面騎乗にさらに興奮が高まった私を察したかのように、そのまま騎乗位での挿入開始。圭子の中は、とにかく暖かくて、心まで溶かされそうでした。興奮が過ぎてわずか数分のピストンで果てそうになる私。
このまま終わってしまうのはいくら何でも申し訳ないので、攻守交替。自分のペースで責めさせてもらいました。

圭子の巨乳を思う存分揉みしだき吸い付きながら、自分の限界まで我慢に我慢を重ねて、かろうじて圭子を先にイカせることができて、自分も果てました。自分でも信じられないくらいの射精量。

そのあとに小休止してもう一回戦。半年ぶりの人妻さんには一回くらいじゃ満足できなかったみたいです。いずれにしても自分史上、最高のセックスでした。

そのあと、圭子とは2回ほど会いました。このままセフレとしてキープできたらなあと思ていた矢先、「子供が出来たからもう会えない」とのLINEが。私は過ちを犯してしまったのではないかと腰を抜かすほどビビりましたが、旦那さんとも夜の営みを復活させた結果とのこと。

私は残念な気もしつつ、圭子のおめでたを祝福するメッセージを送り、次の人妻さんの物色を始めるのでした。やっぱり人妻さんはエロくてやめられません。